あなたの屋根10年ほったらかしにしていませんか?

屋根は常に雨風や埃にさらされています。ですから、新しい屋根でも10年も経つと色々と障害が出てきます。
以下はその一例です。

1.瓦屋根の場合

  • 1-1.棟瓦がずれている
    棟瓦

    棟瓦の土台にはかま土という土が盛ってあり、その土が水などで流れると、重い瓦がずれたりくずれてきます。

  • 1-2.平瓦がずれている
    平瓦

    平瓦は年数がたつと、瓦のかけ合わせているところがかけてきたりして、震動などでずれてきて、そこから水が中に入ると屋根の下地に水がたまり雨もりの原因になります。

2.スレート屋根の場合

  • 2-1.コケ、カビが生えて屋根材が割れている
    屋根材が割れている

    コケ、カビが生えて水が内部に浸透し続けると、水分の凍結、融解の繰り返しで屋根材が割れてきます。

  • 2-2.金物のクギが浮いている
    金物のクギが浮いている

    サビや震動などでクギが浮いてくると、中の貫板(ぬきいた)をカバーしている棟板金が浮いてきて雨風が貫板に当たるので、板が腐り、雨漏りの原因となります。

3.トタン屋根の場合

    • 3-1.錆(サビ)が出ている
      錆(サビ)が出ている

      金属屋根になるので、錆が出てしまっているということは上塗りの塗料だけでなく、錆止めの塗料も剥がれてしまっています。ですので、水をどんどん下地が吸い込む状態になってしまっています。それが続くとトタンに穴が開きます。そうなると下地の木が腐り、トタンがバタついて剥がれる事もあります。

お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。TEL0120-504-354
職人紹介
職人ブログ

現場の動画


ページ上部へ戻る